猫飼い帰国子女の日本暮らし

この画面は、簡易表示です

日本での暮らし

アメコミ界の屈指のアンチヒーロー、レッドフードことジェイソン・トッドとは

投稿日 by 帰国子女さん

今回はアメコミ界の有名出版社の「DCコミックス」の中でも有名な作品である「バットマン」の登場人物である、「2代目ロビン」であり「レッドフード」こと、ジェイソン・トッドについて書きたいと思います。ジェイソン・トッドは本名は本場アメリカらしいジェイソン・ピーター・トッドという名前で黒髪で眼の色は青色です。

8月16日生まれで身長は183センチというかなりの高身長の持ち主でルックスもかなりイケメンな方で、生涯は女性に困らなかったらしいですがバットマン・ファミリーの中で先輩の初代ロビンでありナイトウィングであるディック・グレイソンはバットマンシリーズで1位くらいのモテ男なので彼には頭が上がらない状態です。

そんなジェイソンの好きなものはスポーツカーとアイスクリームと喧嘩と女といういかにも「ザ・若気の至り」という人物であり意外にも「緑色」が好きという事も分かりました。正確に言うとジェイソンはバットマンの相棒で2代目ロビンであり、後にレッドフードと名乗ります。

一時は自分から「私はバットマンだ」や「私はナイトウィングだ(先輩ロビンのこと)」や「私はレッドロビンだ」と名乗っていた事もありました。まさにヒーローらしい迷走です。そしてジェイソンは2代目ロビンとして活躍していた時に、バットマンの宿敵ジョーカーに捕まり何カ月と渡る拷問と精神攻撃をジョーカーに遭わされ、ジェイソンはそのジョーカーによる拷問で1988年に死亡します。

そしてバットマンはその相棒のジェイソンの死がトラウマでしばらく相棒はとらずバットマン単独で活動するくらいバットマンも読者も衝撃的な出来事でした。以来ジェイソンはアメコミ界で「絶対に生き返らないキャラクター」の1人に数えられてましたが、2005年の2月にジェイソンは見事復活します。

しかし死ぬ寸前のジョーカーの精神攻撃と拷問で狂気とバットマンが何カ月も自分を助けに来なかった事を増悪と見なし、ジェイソンはますます独自の正義感を持ち始めます。そしてジェイソンは独自の価値観を持ったヴィジランテ(自警団)である「レッドフード」となります。

レッドフードはバットマンファミリーの鉄の掟である「殺人は犯さない」と「拳銃は使わない」というルールをわざとなぞって、「2丁拳銃を使用する」や「問答無用で悪人を殺害する」というキレイにバットマンのルールを全否定するような戦闘態勢で自警団をしています。

しかも「レッドフード」という意味は「素人犯罪者」という意味で、自警団行為をする「レッドフード」に殺される「間抜けな素人犯罪者」というたっぷり皮肉ったネームにジェイソンはしました。

そしてバットマンの掟を破ったレッドフードは、バットマンファミリーバットマンとナイトウィング以外からヴィラン扱いされました。そんな2人から顔を合わせるたびに「まだ間に合う」や「もう1度やりなおせる」と説得されるレッドフードですが、レッドフード自身は本人は「もう手遅れだと思っている+なんだかんだ今の人生も気に入っている」ので全く変わる気は無い模様です。

バットマンファミリーの後輩の3代目ロビンのティム・ドレイクと5代目ロビンでバットマンことブルース・ウェインの実の息子のダミアン・ウェインからは変人・狂人扱いされています。しかし実際レッドフードことジェイソンの行動は異常で周到かつ狂気的でハードなシリアスな事からアメコミ流のお笑いまでこなすキャラクターとなってます。

果たして、レッドフードことジェイソン・トッドはバットマンの味方か敵なのかそれとも何なのでしょうか?



愛犬のトイレトレーニングを開始したものの効果が低い

投稿日 by 帰国子女さん

チワワ

我が家ではチワワを今まで3匹飼っていた経験があります。当時は3匹を多頭買いしていて、自宅でシャンプーをしたり、爪切りをしたり全てのことをしていたので大変でした。悪さをしてしまうこともありましたが、実際にはとても良い子達でした。そんな3匹が高齢になり16年程経って私達家族の元を離れていき、寂しさに負けてしまい、新しい子犬を迎えることになりました。

当初はペットショップで悩んでいましたが店員の「来年や再来年、既に飼うと決めているのなら今も同じですよ」と告げた一言に心が揺れてしまい、その場で即決しました。生後4ヶ月と、とても小さな新しい愛犬が我が家に来たのが嬉しくて、私達家族の癒しになっています。飼い始めてすぐに、トイレのトレーニング開始しました。

とにかく、トイレマットでトイレができたらご褒美としてオヤツをあげる癖をつけて、少しずつトイレマットでする機会も増えてその時は良かったです。トイレマットはケージの中に入れていたのですが、我が家で飼っていた愛犬達はケージの中ではなく就寝はソファや家族の布団の中などだったので、出しっぱなしのケージも徐々に片付けて行ったのが事件の始まりです。

ゲージがないとトイレの場所がわからない

今までケージの中でトイレをしていたので、ケージがなくなってしまうと、トイレマットが別の場所にあってもトイレをする場所を混乱してしまい、絨毯やフローリングの上でトイレをしてしまうようになりました。

再度、一からトレーニングを開始して少しずつトイレの場所を覚え始めたのですが、絨毯を何度洗濯しても、絨毯などのふわふわした場所でトイレをするのが好きなようで、10回の内の3回は絨毯でしています。

トイレトレーニングに悩みつつ、先日購入したペットショップにエサを買いに行った際に、私達の担当をしてくれた店員と久しぶりに顔を合わせました。話をしてみると意外にも多頭飼いをしている方が、トイレに関しても真似をするそうで、躾がしやすいと聞きました。

思い返してみれば、以前飼っていた3匹は2匹が夫婦で1匹が子供で家族でした。親犬が私達人間の変わりに子犬の子育てをちゃんとしていたんだなと、改めて実感です。当時は3匹居て世話が大変だと思っていましたが、実際には全然手が掛からず良い子達だったんだと思い出すばかりです。

今の愛犬はまだトイレトレーニングを開始したばかりで、多頭飼いはしていませんが、少しずつでも知恵をつけて賢い子に育ってくれれば良いなと思います。



私の不倫の関係とリンクさせていた曲「Janne Da Arc」の「WIZARD」

投稿日 by 帰国子女さん

ヘッドフォン

私が感動して共感した曲は、10年以上前によく聴いていた「Janne Da Arc」の「WIZARD」という曲です。当時、不倫の関係にあった男性がいました。

よく言う不倫の関係なんてものは遊ばれていると頭ではわかっていましたが、心が許しませんでした。そんなときにたまたま大好きなビジュアル系バンドの曲の歌詞によくよく注目してみると、なんとタイムリーに感動の歌詞でした。

「恋」という字をみてごらん、もっと目を凝らして、ほら「下」に「心」があるだろう?

というフレーズからはじまります。ここまでは聞いたことがある感じがしたのですが、次にこんなフレーズがあります。

アルファベット並べてみて、「H」のすぐ後に「i」があるだろう?その間の歌詞があるのですが、ここからです。

「愛」じゃなくて「i」と知る時、傷ついて、何かを学べ

という歌詞には、なるほどと思いました。これを見つけたことに感動しましたし、自分が不倫中であるために共感というか自分に言い聞かせたことでした。

「愛」じゃなくて「i」だと考えて、「H」のあとの「i」だから、男性からしたら「あい」は「あい」なのだろうと納得した気持ちでした。

遅かれ早かれこの関係を終わらせなくてはならないと思っていたところで、少しばかりの淡い期待が出てしまうのは女性ならあると思います。

気持ちがループしてしまって、幸せなようで辛い日々に終止符を打つことが出来ないでいた私に、この歌は勇気をくれました。未来のない終わりの見えない不倫の関係を、しっかり終わらせてくれた私の思い出の曲です。

音楽で救われる人が増えますように

私に限らずつらいときに音楽に救われた人って多いと思うんですよね。今はYouTubeがあれば無料で色んな音楽を聴くことができます。スポティファイやAWA、iTunesなどのサブスクリプションサービスも充実しています。

悩んだときは、とりあえずランダムに曲を再生してみるなど音楽に身を任せてみるのもいいかもしれません。運命の一曲が見つかって前向きになれることだってあるわけですから。

元気が出る歌と感動する歌を紹介します



冬支度を始めながら、猫ちゃんと一緒の生活について改めて感じたこと。

投稿日 by 帰国子女さん

ねこ

今日は仕事がお休みだったので、家の冬支度をしました。そろそろ本格的に寒くなってきそうなので、ホットカーペットやストーブをクローゼットから出して、いつでも使えるように準備です。

それに併せて、家で飼っている猫ちゃんの冬用ハウスや猫用こたつなども準備です。久しぶりに出てきたハウスやこたつに猫ちゃんもそわそわ興味津々でした。猫は寒いのが苦手なのでしっかりと環境を整えてあげないといけません。

冬は猫と触れ合える季節

猫を飼っている猫好きにとって冬という季節は嬉しい季節でもあります。猫ちゃんがお布団の中に入ってきて一緒に寝てくれたり、ひざの上に乗ってきて丸まってくれたりします。寒いからか人の体温を求めてきます。

夏には絶対にないことなのでたくさんスキンシップが取れて嬉しいです!普段はこちらから近寄っていくとほとんど逃げてしまう猫ちゃんが、寒い時期だけは向こうから寄り添ってくれるので本当にありがたい季節です。なので、冬の嫌いな私でも猫ちゃんと暮らすようになってからは好きな季節になりました。

このように、猫ちゃんと一緒に暮らし始めたことで変わったことがたくさんあります。苦手だった冬が好きになったり、それまでよりもお掃除をもっとこまめにするようになったり、猫ちゃんが毎日決まった時間に泣いて起こすのでお休みの日でも早く起きるようになったり、孤独を感じなくなったりなど。

もちろん、いたずらばかりで大変なこともたくさんありますが、それまでの人生と比べて、明らかに楽しさが増して人生が豊かになったなと思います。改めて、我が家に来てくれた猫ちゃんに感謝しています。

猫ちゃんは動くものに敏感なので何をするにしても邪魔ばかりしてきます。カーペットを広げ終わる前に乗っかってきたり、下に入りこんだり、電化製品のコードで遊ぼうとするし、洗った洗濯物の上で寛いだりと、とにかくいろいろと妨害されるのですが、そういうこともかわいいから許せるし、むしろ「一緒に手伝ってくれているのだ。」と思うようにしています。

そう思うとイライラすることもなく、一緒に家事をしているという気分になり、楽しくその時間を過ごせます。そして、優しい気持ちを持てます。つらいことがあった日も、疲れている時も、いてくれるだけで元気になれます。

忙しくてもちゃんと遊んであげること

猫ちゃんにはいつもそうして元気をもらっているので、こちらからも感謝の気持ちも含めて仕事がお休みの日はいっぱい遊ぶようにしています。猫ちゃんはしっかりたくさん遊んであげないとストレスが溜まります。10分から15分ぐらい続けて疲れるぐらい遊び続けてあげると満足できるようです。

猫じゃらしなどのいろいろなおもちゃを駆使して、走らせたり、ジャンプさせたり、蹴らせたり、かじらせたり、遊び方もそれぞれいろいろ工夫します。いつも同じだと飽きてしまうのでいろんなバリエーションを考えます。

猫ちゃんが思いっきり遊んでくれて、はあはあと息切れするぐらいになって、その後満足気に眠ってくれた姿を見ると、やった!と思います。自分も大満足です。今日も冬支度が終わって午後からは猫ちゃんとのお遊びタイムをしっかり取って、その後は一緒に昼寝をしてしまいました。こんな何でもない日々に幸せを感じます。楽しい猫ライフを満喫できています。



いきなり出てきて不快な思いをさせるPC詐欺画面にご注意を

投稿日 by 帰国子女さん

ウイルス

PCにカウントダウン爆弾の画面が現れてこれだけで凄くへこみますよね。カウントダウン爆弾はPC使う人には見覚えがあると思います。「あなたのPCシステムは破損が見られます。あと何秒でファイルが破壊されますので今すぐ下記の更新を押して下さい」のような画面が表示されて、これ初めて見た時は凄く焦りましたよ。なにせ自分はPC全く疎いのでエラーメッセージやフリーズすると自分自身も固まってしまう位です。

しかも本当にカウントダウン始まるし思考が停止し、更新ボタンクリックしようと思ったけどその間にどんどん別の警告画面が出てきたんですよ。で、却って冷静になって、これ本当かな?と疑問に思いまして、とりあえずうるさくて仕方ないので画面閉じて強制終了しました。

偽ウイルスソフトは詐欺ソフト

改めて再起動して検索してみたらやっぱり詐欺という事で。…危ない所でした。(ちなみにカウントダウン終了になったら本当にファイル破壊されてしまうのかドキドキしながら待ってみました(笑)何も起こりませんでしたよ)

因みにクリックするとそれ対応の商品を購入画面になるようで、価格は5000円くらいなのですが、それを購入しても別に他のウイルスとかに対処してくれる訳でもありません。5000円だから安価というほどではないけど高価でもない位なので詐欺者にとっては数打てば当たる位なんでしょうね。

もこっちにとってはそんな画面でたら焦ってクリックしてしまうし、購入してふぅ~安心と思ったらなんと詐欺だった!という愕然な結末になってしまう訳で。結局私と同じようにPC疎い人は本当に気を付けて、安易にクリックしないようにして、あとで検索して本当かどうか確認するしか予防策はないんですよね…。

それにしても褒めてはいけないけど詐欺者って人を騙すだけあって本当に頭がいいですよね…感心してしまいます。とりあえずその画面の履歴を削除したので一安心ではあるけど、またいつ出てくるか分からないから嫌になります。本当に不快です…いきなり詐欺画面出てくるのは。

仕事がはかどらなくなるのが問題

もっと不快なのは仕事に使用してる時ですね。こっちはそれどころじゃないんだーー!!と心の叫びですよ、全く。偽物は本物そっくりの画面を作り上げるので、本物との違いをよく把握しておくことが大切ですよね。

余計な心労と時間を使ってしまったので解決したもののイライラしながらお使いに行ったのですが、そこの店員さんの笑顔がとても素敵でした~。こういうへこんだ後に素敵なお姉さんの笑顔は無限大の回復力を発揮しますよね。いろんなお客さんが居て対応大変な接客業をこなしている人(勿論どの仕事も尊敬ですが)本当にお疲れ様です。元気をくれてありがとうございました。



大変ありがたいことに、主人の両親との仲はすこぶる良好です

投稿日 by 帰国子女さん

姑

義理の両親、特に嫁姑問題は、結婚した女性にとって避けては通れない、頭の痛くなるテーマの一つです。ただし、私の母は可愛がられていたようなので、私も随分長いこと、わりと喜楽に考えていました。

まず、結婚したときに、「私には両親が増えたんだ。これって凄いな、嬉しいな!」と思うことにしました。義理の両親相手に、普通に喜楽に「お父さん、お母さん」と、ことあるごとに呼びまくりました。

また、主人の実家は車で20分くらいの場所にあります。そのため、遠すぎず近すぎず、程よい距離を保つことが出来ました。今改めて考えると、このことも良かったのではないかと思います。

主人は二人兄弟の次男坊です。長男のお義兄さんは高校卒業後、すぐに県外へ働きに出たそうです。それと比べて、主人は結婚するまで実家で暮らしていました。結婚と同時に家を出たので、必ず二週間に一度、夫婦揃って主人の実家を訪れるようにしました。

主人の義兄も結婚しているのですが、今でも県外で暮らしているため、仕事が忙しいこともあり、年に1、2度しか帰って来ません。年老いた義理の両親に寂しい思いをさせないためにも、定期的に訪問するのを続けてきました。そうやって何度も足を運んだ努力もあり、今のところ義理の両親とは、とても良好な関係を築いています。

初孫であったことが大きかった

それと、もう一つ理由があります。私が子供を産んだことです。義兄夫婦のところには子供が授からなかったので、義理の両親にとっては私が産んだ子供が唯一無二の孫になります。それはもう、目の中に入れても痛くないほど溺愛してくれています。

私のママ友は、ほぼ全員お姑さんが苦手と言います。結婚したとき、両親が増えて嬉しくなかったのか聞くと、「そんなこと考えたことも無い。」とか、「普通そんなこと考えられない。」とか、「あんたの頭の中どうなってるの?」とか、「無理。あんた凄いね。」とか、いろいろ言われました。どうやら、私のような考え方をする人は、とても少数派のようです。私にとっては普通の考え方で、別に何も特別なわけでは無いのですが。

義理の両親、特にお姑さんとの関係で悩んでいる人は、もう少し肩の力を抜いて喜楽に笑顔で接すれば、きっと今より上手くいくと思います。まず、ご両親の気持ちに寄り添って考えるのです。私はあなた方が生んで育てた息子が好きなんだと、私自身も義理とはいえ両親が増えて嬉しいんだと、そういう気持ちさえ伝われば、決して悪い気はしないと思うのです。

あとは、可能なら、たくさん孫と遊ばせてやることにつきますね。



アメリカに長く住んでいたら、日本での文化の違いを学ばされた

投稿日 by 帰国子女さん

アメリカ

アメリカに長く住んでいたのですが、今年、日本に久しぶりに帰って来ました。日本での生活は、久しぶりで、8年間の間に、東京は色々発展していたので、学ぶ事が多くあります。

例えば、子供の頃に住んでいて分かっているはずの場所が、随分と変わり、新しい街になってしまっていたり、電車賃も変わったり、スイカが当たり前だったりと、色々と新しい事が沢山ありあました。

アメリカと日本の文化はまるで違う

私は20歳からアメリカに住んでいたので、大人の生活や常識は、全てアメリカで学んだので、全ての基本がアメリカでの生活でした。アメリカと行っても、小さな街に住んでいたので、東京と比べるのは難しいですが、生活の仕方が全て違いました。

まず、アメリカは、知らない人でも、平気で話しかけるし、スーパーでレジに行列ができている時も前後で話をするし、また、どこのお店でも、わがままなお客さんは追い出される事は良くあります。

私がアメリカのレストランで仕事をしている時も、満席で待てないお客さんを追い出さなければならない事もありました。その他にも、友人でも仕事仲間でも、兎に角言いたいことははっきりと言う、という文化で育ったので、日常生活でも、はっきりと物事を言い、問題解決をし、前に進んで行きました。

日本は丁寧すぎるのかも

しかし、日本に着くと、物凄く真逆でした。まず、駅ではほとんどの人がスマホに夢中で、他人をきにする事無く歩いているので、他人同士会話をする事はありません。また、仕事をしていても、アメリカでなら追い出せるお客さんにも、しっかりとした口調で対応しなければなりません。

毎日の仕事で、日本で接客をしている人が、どれだけ大変なのかを学びました。後、物事をはっきりと行ってしまうと、言い過ぎになってしまい、他人を傷つけてしまうこともあるので、言葉選びもしっかりとしなければならないと思いました。

もちろん、お客様を丁寧に扱うというのは、日本でのとても素晴らしい事だと思っています。それと同時に、自分勝手な人も増えるのではないかという自分の意見もあります。ラッキーな事に、友達のほとんどは、私の性格を知っているし、もともと物事をはっきり行ってくれる人達なので、安心して人間関係を保つ事ができています。

兎に角日本に久しぶりに来て感じた事は、日本で育ったにも関わらず、海外に長く住んでいると、母国に戻っても、また文化を位置から学び直さなければならないという事です。これからまたアメリカに戻る頃には、もしかしたら、またアメリカの文化を学び直さなければいけないのかな、とも考えています。



大学とは勉強したいと思った人がいつでも勉強できる場所であるはず

投稿日 by 帰国子女さん

大学

小学校を卒業したら中学校、中学校を卒業したら高校、高校を卒業したら大学に行って企業に就職するというのが「理想」とされていた時代は確かにありました。「いい企業に就職する」ために大学に行くというのは今も続いていますが、本来大学とはそのような場所なのかなとも思うのです。

私は現在、子ども相手の仕事をしているのですが、子供の口から時々「将来○○大(大抵東大、早稲田、慶応のどれかなのですが)にいく」というのを耳にします。「どうしてそこに行きたいの?」と尋ねると親に行けと言われたからというのが大体の答えです。

大学はコスパも悪く行く理由も特にない?

何か夢があるから大学に行くというよりも、それが決められているかのようにも聞こえてしまいます。もちろんまだ子どもで、大学に行くにしても10年以上のスパンがあるので、途中で変わるかもしれませんが…。

ところで、それらの大学に行くにしても行かないにしても、大学進学には当然ながらお金がかかります。もし子供一人を大学に行かせるにしても4年間で国立大でも入学金、授業料を合わせて240万円以上、私立大だと授業料だけで文系300万円近く、理系だとさらにかかります。

ただでさえ、日々「何を節約するか」といつも考えて生活しているのに、そんなお金を一体どこから捻出すりゃいいんだろうかと大学の学費の話を聞くにつれ思うのです。

よくアニメや漫画でも大学に行ったら自分のやりたいことはこれじゃないということがわかり、親に大学を中退させてほしいと言ったら、「学費を払ってやっているのに何を言っている!」という修羅場を目撃しますが、親の立場だったらこの言葉は最もだと思います。私だって親の立場だったら言うと思います。

全然安くないのが大学の学費ですし、実際にこの高い学費のために大学に行きたくても行かれない、奨学金を借りて大学に行ったらその奨学金の返済に苦労をするというのはよくある光景です。

日本の大学は高すぎる

そして日本の大学の学費は高いというのはよく耳にします。勉強や研究は本来社会全体でも奨励されるべきもののはずなのに、こんなにお金がかかってしまうものだなんて…と思います。

そもそも大学というのは勉強する場所のはずで、勉強をしたい人が自分で学費を払って行くというのが本来あるべきなのではないかと思うのです。私自身、一度仕事をしてから大学に戻ったことがあるのですが、戻ってくると大学にいるのは自分よりも何歳も年が若い子たち。

同じ20代とはいえあっちは前半、こっちは後半。なんだか浮いてしまうよなぁと思いながら通っていました。もっといろんな年齢層の人が大学には集まっていいと思うのです。高校を卒業したら大学に行くと決められたようにして大学に行くのではなく、大学はいつでも勉強したい人がくる場所という風になればいいのにと日々感じております。




top